函館に旧銀行と美術館をリノベーションしたホテル「HakoBA函館」が5月26日にグランドオープン

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

リノベーションホテル「HATCHi金沢」や「LYURO東京清澄」をトータルプロデュースする株式会社リビタが、北海道函館市のベイエリアにホテル「HakoBA 函館 -THE SHARE HOTELS-(ハコバ ハコダテ ザ シェア ホテルズ)」を5月26日にオープンする。

「HakoBA 函館」は函館山を背にしたベイエリアに並んで建つ特色ある遊休建物2棟をリノベーションにより再生したホテル。1932年に安田銀行函館支店として建設され、今も当時の近代建築の特徴を残している。隣接する旧西波止場美術館の建物は、赤レンガ造りでベイエリアの街並みに溶け込む。

これらの2棟を活用して、リビタがトータルプロデュースする「THE SHARE HOTELS」の第三号店として、宿泊機能はもちろん、函館ならではの食材を用いた飲食店、地域の人々も参加できるイベントなども開催するオープンラウンジやシェアキッチンなどのシェアスペースを備えた複合ホテルを提供する。

ホテル全体は、“BANK”と“DOCK”の2つの建物で構成。建設当初銀行だった「BANK」は、建築当初の内装を活かした、ツイン・ダブルの個室タイプの19室(定員2名)、プライベートテラス付のメゾネットタイプ1室(定員4名)の客室構成となっている。

船の形を模して造られた「DOCK」は、函館を象徴する赤レンガを連想する木の色が特徴の2段ベッドの客室です。個室タイプ3種13室(定員2~6名)と、ドミトリータイプ32ベッド(女性専用あり)を用意している。

「HakoBA函館」は、宿泊者がゆったりとくつろげるスペースであるとともに、地域のアーティストの企画展示やトークセッションといったイベントの開催も予定。宿泊者やゲストと函館で活躍するローカリストが交流できる開かれたスペースとしても利用できる。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する