弥生、小規模事業者向けのオンラインレンディング事業を立ち上げ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

オリックス株式会社、オリックスのグループ会社である弥生株式会社が、会計ビッグデータを活用した新たな金融サービス「オンラインレンディング」の事業立ち上げを決定した

オリックスが持つ与信ノウハウ、弥生が持つ会計ビッグデータ、協業先であるd.a.t.株式会社のAI技術を活用した新たな与信モデルを開発し、インターネットを通じて小規模事業者向けの融資を行う。

事業立ち上げにあたり、弥生は本事業の運営会社、ALT株式会社を2017年2月に設立。あわせて、株式会社千葉銀行、株式会社福岡銀行、株式会社山口フィナンシャルグループ、株式会社横浜銀行と業務提携契約を締結し、金融機関における与信モデルの活用も視野に入れている。

マネーフォワードは今年に入って資金調達サービス「MFクラウドファイナンス」の提供を開始。同資金調達サービスにおいてユーザーは請求書の発行データを連携させる必要がある。弥生はクラウド請求書サービスを開発する株式会社Misocaの全株式取得しており、「オンラインレンディング」の事業にMisocaのデータは活用されそうだ。

2017年10月を目処に弥生製品・サービスを利用している約150万社のうち、オンライン・サービスを契約している約60万社のユーザーを対象に試験的融資を開始する。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する