スルガ銀行が義足開発のXiborgに研究・開発として年間300万円を2020年までサポート

スルガ銀行は、池田 樹生選手の義足を開発している日本のベンチャー「Xiborg」に研究・開発として年間300万円を2020年までサポートする。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
AD ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

株式会社Xiborgとスルガ銀行株式会社が提携し、Xiborgのアスリートとして活動している池田樹生選手のサポートをしていくことを発表した

Xiborgは、最先端のテクノロジーを活用したさまざまな義足の開発を通じて、障害者の活躍を支援している。同社は義足のアスリートが100m走で健常者のアスリートよりも速く走ることを目指し、バイオメカニクスを考慮した競技用義足の開発や義足を使用して活躍できる選手の育成を行なっている。

義足は、東レ株式会社、東レカーボンマジック株式会社、ソニーコンピューターサイエンス研究所と研究開発を行なっており、競技用義足の他にはサイボーグ義足の開発も行っている。

今回、Xiborgと提携したスルガ銀行は、1990年に静岡県、沼津市と共同出資のもと株式会社エイ・ピー・アイを設立。重度障がい者に雇用機会を提供することで、社会的経済的自立を促進するとともに、障害者自らが技術習得を図れるよう支援を行なってきた過去がある。

Xiborgは池田 樹生(いけだ みきお)選手に対して行なう競技用義足の研究・開発ならびに提供、練習や競技会での支援などといったサポートに要する資金について、スルガ銀行からXiborgを受ける。今後、スルガ銀行は「スポーツサポート企業」としてのイメージPR活動を行う。年間300万円の支援が、2020年まで続く予定だという。

関連記事:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する