LGBTの物件探しをサポートする「SUUMO for LGBT」がオープン

SUUMOが「LGBTフレンドリー」で物件情報の検索やLGBTの方々向けにマンション購入の個別相談にのるなどの活動を始めている。

LGBTの方々のなかには住まい探しのハードルになっているケースも存在する。SUUMOはこうした不安を取り払うべく、「SUUMO for LGBT」のページをオープンした。

「SUUMO for LGBT」のサイトには、LGBTのパートナーの方々のインタビュー記事も掲載されており、実際にどのような不安や不都合があったのかなどを知ることができる。

SUUMOは、賃貸物件情報に「LGBTであることを理由として、入居の相談や入居自体をお断りすることはない」と、積極的に意思表示することを示す「LGBTフレンドリー」という特徴項目を新たに追加。その他にも、新築マンション購入の個別相談にのるなどのサービスを提供しており、「SUUMO for LGBT」にはこうした取り組みが紹介されている。

連休であるゴールデンウィーク期間中は、「TOKYO RAINBOW PRIDE」も開催されている。SUUMOは5月6、7日に代々木公園で行われるパレード&フェスタにブースを出店する予定だという。

今年に入って、LGBTではなく「SOGI(ソギ)」という表現を用いていこうとする動きもある。SOGIは、「Sexual Orientation, Gender Identity:性的指向や性自認」の意味を持つ言葉だ。LGBTのように「性的マイノリティ(少数者)」を分けるものではなく、「誰にでも性的指向・性自認がある」という考えを示す。

この先、こうした動きが増えていくことで、マイノリティを分けることなく、生きづらさが解消に向かっていくことに期待したい。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。