タスクを自動化する連携サービス「Zapier」にチームプランが登場

タスクを自動化する連携サービス「Zapier」にチームプランが登場した。チーム全体でレシピをシェアしたり、個人のレシピをチームで活用することが可能になる。

ウェブサービスを連携するサービス「Zapier」にチーム向けのプランが登場した

「Zapier」は「IFTTT」等と同じサービス同士を連携させるレシピを作成することで、自動で様々なことを実行できるようにするサービスだ。

これまでは個人アカウント向けに機能を提供してきていたが、新たにチーム向けのプランをリリース。支払をチームでまとめられる他、チームメンバーはプレミアム会員向けの機能が利用可能になる。

個人アカウントで利用していたレシピをチーム向けにシェアするなど、個人とチームでレシピのやりとりも可能になるようだ。チームプランの料金は月に250ドルと若干高めだが、「Zapier」を利用してきたチームであれば金額に見合うだけの生産性アップが見込めそうだ。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。