電通、人工知能による広告コピー生成システム「AICO」のβ版を開発

AIによる広告コピーライティングが可能になれば、パーソナライズされた広告配信が可能になる。

株式会社電通は、人工知能による広告コピー生成システム「AICO (アイコ/AI Copy Writer)」のβ版を開発した

電通は広告コピーの良し悪しによって広告効果がどのように変化するかの定量・定性的評価を行ってきた。その研究をさらに発展させ、今回、静岡大学情報学部の狩野研究室※(狩野芳伸准教授)との共同開発により、今回のシステム開発に至ったという。

今後、電通では研究開発を進め、より具体的な広告効果が期待できる広告生成の実用化を目指すとともに、人工知能と人間のクリエーターの協業による、これまでにない新たな広告手法の研究・開発を進めていく方針だ。

リリースで発表されている広告コピーは、筆者には良いコピーだとは思えなかったが、AIにフィードバックが行われていくことで、コピーの精度はどんどん向上していくはずだ。

AIによる広告コピーライティングが可能になれば、場面や個人に合わせてリアルタイムにメッセージを変化させることが可能になる。マス・コミュニケーションではく、パーソナライズされた広告の作成と配信が行われる時代になるのかもしれない。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。