W+K Tokyoに仕掛ける次世代クリエイティブ増強プログラム「ケネディーズ」の募集が開始

2011年にアムステルダムで始まり、ロンドン、サンパウロ、上海でも導入されている取り組み「ケネディーズ」の募集が開始。東京からは5人を募集している。

クリエイティブエージェンシーのW+K Tokyoが、新たな才能を発掘しその可能性を最大限に発揮してもらうための次世代クリエイティブ増強プログラム「ケネディーズ」をスタートする

2011年にアムステルダムで始まり、ロンドン、サンパウロ、上海でも導入されている取り組みだ。募集する5人でチームとなり、実際にクライアントのためのキャンペーンを構築していきながら、学んでいく場だ。「既存のワイデン+ケネディに対抗するアナーキーな存在であることがケネディーズの使命であり、実験的で独立した存在」というメッセージが面白い。

2011年の創設されて以来、ケネディーズではローカルなものから、インターナショナルなものまでさまざまなキャンペーンを手がけてきた。クライアントにはNikeやSpotifyといった企業も含まれているという。アムステルダムで制作された作品集は以下のようになっている。

東京では5人のメンバーを募集。2017年8月から7ヶ月間東京に住みプログラムに参加できる人であれば、年齢や職業、国籍は問わない。6月にはケネディーズへの応募を検討している人々に向けて、中目黒のW+K Tokyoのギャラリースペース「W+K+」で、担当者と直接話をできる場が設けられる予定だという。

応募するためには、以下の10の問いに答えなかえればならない。これだに答えていくだけで、かなりカロリーが必要になりそうだ。

        1.一文字で「偏った愛情」を示す新しい漢字を発明してください。
        2.無人島で直線を引くための方法を教えてください。
        3.「ありきたり」の写真をとってください。
        4.いちばん破壊したい概念は何ですか?
        5.「それなら喜んで!」とみんなが思う新しい税金は何税?
        6.2017年度のサラリーマン川柳でビリになるやつを発表してください
        7.あなたがリスペクトする著名人で構成されるサッカーチームを作ってください。ポジションとプレイスタイルの詳細な説明も。
        8.自分の体のどこかに関節をひとつ増やせます。 どこに増やして何に使いますか?
        9.何かのhow to ビデオをつくってください。
        10.意外なことをしてくだい。

「ケネディーズ」募集概要

募集人数:5名
プログラム期間:2017年8月下旬~2018年3月中旬
開催地:153-0051東京都目黒区上目黒1-7-13
プログラム参加期間中は東京都が定める最低賃金が支払われます。
URL:http://kennedys.jp

応募条件:年齢20歳以上。 ユニークなクリエイティブビジョンを持ち、 日本語で会話ができること。フォトグラファー、 ライター、 アーティスト、 デザイナー、 映像作家、 アニメーター、 ゲームデザイナー、 プログラマーなど、 クリエイティブなマインドをもつ人であればジャンルは問わない。 広告業界での経験は不要。

締め切り:2017年7月21日(金)

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。