リード・ホフマン、ビル・ゲイツらが世界最大の署名サイト「Change.org」に3000万ドルの出資

linkedin創業者のリード・ホフマン氏が、Microsoft創業者のビル・ゲイツ氏らをリードし、世界最大の署名サイト「Change.org」に3000万ドルの出資を行った。

linkedinの共同創業者であるリード・ホフマン氏が、世界最大の署名サイト「Change.org」への3000万ドルの出資をリードしたことを明らかにした。ともに出資に参加した投資家には、ビル・ゲイツ氏や、Y Combinatorのサン・アルトマン氏らが名を連ねている。

Change.orgは、2007年に設立された署名サイト。北米では、Bコーポレーションとして認証された Change.org, Inc.が運営しており、日本でも2012年から上陸している。

リード・ホフマン氏は、Change.orgが市民参加を促すツールであり、同サービスが普及していけば、ロビイストのような存在がいらなくなっていくのではないか、と考えているようだ。

リード・ホフマン氏がChange.orgに出資するのはこれが初めてではない。2014年にも、エヴァン・ウィリアムズ氏やアシュトン・カッチャー氏らとともにChange.orgに出資を行っている。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。