シャープ、広島東洋カープの試合情報を随時入手できるウェアラブル端末「funband」を発売

この発想はなかった。シャープが広島東洋カープの試合情報を随時入手できるウェアラブル端末「funband(ファンバンド)」の発売を発表。

シャープが広島東洋カープの試合情報を随時入手できるウェアラブル端末「funband(ファンバンド)」を、6月1日に発売することを発表した。1,000台の数量限定で、広島県、山口県岩国市内で購入可能、価格は10,000円となっている。

同端末には試合状況など、最新のカープ情報が随時表示される。内蔵されたモーションセンサーにより、funbandを装着したユーザーの試合中の動きを“応援アクション”として感知する。

応援アクションは「応援ポイント」として蓄積され、funbandユーザーによる選手の人気投票に使うことができるという。ユーザーの応援アクションはクラウド経由で集計され、数値化された「応援パワー」が本体ディスプレイに表示される仕組みになっている。

カープファンの応援の様子はソーシャルメディア上でもよく目につく。funbandができたことで、球場内だけでなく離れた場所でも試合の盛り上がりを共有できそうだ。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。