従業員のコンディション変化発見ツール「Geppo(ゲッポウ)」、サイバーエージェントとリクルートの合弁会社が開発

合弁会社ヒューマンキャピタルテクノロジーは、サイバーエージェントとリクルート共同の新規事業創出プロジェクト「FUSION(フュージョン)」をきっかけ事業化が決まったサービスの開発に取り組む。

株式会社サイバーエージェントと株式会社リクルートホールディングスは、2017年7月を目途に共同出資の新会社、株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジーを設立することを決定し、本日、合弁契約を締結した

ヒューマンキャピタルテクノロジーは、従業員のコンディション変化の兆しを発見する企業向けツール「Geppo(ゲッポウ)」の事業化を行う。今後、同社は「Geppo」のシステムや設問設計の独自開発を進め、最小限の運用負荷で簡単に導入できるよう、回答促進や読込・分析・エスカレーションといった運用代行も含めたパッケージにて販売を行う予定。

「Geppo」は、サイバーエージェントとリクルート共同の新規事業創出プロジェクト「FUSION(フュージョン)」発の事業として始まった。両社従業員の混合チームによる事業提案、実証実験、両社経営陣による審査を経て、サービスの事業化が決まった。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。