鳥取の小学校をリノベした施設内に「co-ba hayabusa」がオープン!公民連携インキュベーションを目指す

鳥取県八頭町のまちづくり事業会社として設立された株式会社シーセブンハヤブサと株式会社ツクルバが協働し、公民連携インキュベーションを目指すワーキングスペースが鳥取に誕生する。

株式会社ツクルバと株式会社シーセブンハヤブサが協働し、地方発ベンチャーを支援するシェアードワークプレイス「co-ba hayabusa(コーバ・ハヤブサ)」を2017年10月にオープンする予定であることを明らかにした

シェアードワークプレイス「co-ba hayabusa」は、鳥取県八頭町のまちづくり事業会社として設立された株式会社シーセブンハヤブサが運営主体として、2017年10月に誕生する地方創生の拠点施設「隼Lab.(はやぶさラボ)」内にオープンする。全国にパートナーシップ展開を広げる「co-ba NETWORK」の18拠点目、最大規模の「co-ba」となる予定だ。

コワーキングスペースエリアはシェアオフィス入居者だけではなく、フリーアドレス会員や1日利用者など、多種多様な職業の人たちが関わる仕組みを構築。地方だからこそできる起業や新しいチャレンジ、企業の協業が創出される場を目指していくという。

同施設は、2016年よりソフトバンクドライブ株式会社による自動運転の実証実験のフィールドとしても活用されるなど、地域住民とイノベーターが融合し中山間地域の課題を解決する新たな取り組みが、生まれる場所としても期待されている。

また、地方発ベンチャーを支援するインキュベーション施設として、八頭町の全面的なバックアップを受け、地域金融機関の鳥取銀行、アクシス、トリクミ、ネクストシフト、同町の地方創生事業を受託しているSBヒューマンキャピタル、AOI Pro、クリエイターズマッチなど県内外の多種多様な企業7社が出資・協力し、インキュベーション施設の運営・活性化にあたる。

「co-ba hayabusa」のオープンに先駆け、6月26日(月)に東京渋谷区のco-ba shibuyaで発表イベントが開催。鳥取の食材を使った食事やお酒を用意した交流会を予定されている。

日時:2017年6月26日(月)19:30-22:00
場所:co-ba shibuya 東京都渋谷区渋谷3-26-16 第五叶ビル6F
参加費:1,000円
イベントページ・お申し込み:
https://www.facebook.com/events/1103153053149641/

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。