音楽コラボアプリ「nana」のユーザー数が400万人を突破、世界100カ国から音楽が集まる場所に

音楽コラボアプリ「nana」がグローバルに利用されるようになり、ユーザー数が400万人を突破した。今後は、リアルで「nana」を楽しめるようなスペースの提供も視野に入れる。

株式会社nana musicが提供する音楽コラボアプリ「nana」の登録ユーザー数が400万人を突破した

「nana」はスマホひとつで重ね録りをしてコラボレーションをしたり、投稿された楽曲にユーザー同士で拍手やコメントをつけたりという音楽を通したコミュニケーションを楽しむことができるアプリ。

「nana」は、2015年6月に100万人を突破。2016年6月に200万人、2016年12月に300万人を突破し、300万人突破から約5ヶ月で400万人を突破するなど、ユーザー数の増加スピードは年々早くなっている。

数字を伸ばしているnana musicは、2017年8月26日には、『みんなでつくる音楽祭!nanaフェス2017』の開催を予定している。これは、2015年に第1回を開催し好評を博したイベントの第2回目だ(下記は第一回を筆者が取材した際の様子)

音楽で人と人をつなげるーー参加者数1000人を超えた「nanaフェス」を終えて見据える次のステージ

naanは今後、楽器店やライブハウスと提携し、ユーザーが気軽に立ち寄って楽器を弾いたり、話をしたりと日常的に、リアルで「nana」を楽しめるようなスペースを提供する予定だという。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。