荷物預かりシェアリング「ecbo cloak」が京都、大阪に続いて福岡に進出

荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecbo株式会社が福岡進出を発表した。

2017年6月28日、荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecbo株式会社が福岡進出を発表した。「ecbo cloak」は今年1月に東京都内でスタートし、京都、大阪とわずかな期間で提供エリアを拡大してきた。

「ecbo cloak」は、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」とをつなぐシェアリングサービス。カフェやショップを荷物預かり所にし、ユーザーはスマートフォン等を通じて荷物を預けることができる。荷物を一時的に預けることで、手ぶらで観光を楽しむことができる。

4月に京都、5月に大阪でオープンし、6月に福岡で正式にサービスを開始。一ヶ月ごとに展開エリアを拡大している。

福岡で提携しているスポットは、観光施設「博多町家ふるさと館」、人気ヘアサロン「OPShair」、スタートアップ支援施設FUKUOKA growth next 内「ハニー珈琲」、縁結びで有名な神社「鳥飼八幡宮」、「SUiTO FUKUOKA」など。

福岡市内は空港からのアクセスが非常に良い。中心地である天神・博多エリアには商業施設や飲食店が密集しており、荷物を預けることが可能になれば、福岡を訪れる人々は、フットワーク軽く市内を楽しむことができそうだ。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。