訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」がホテルチェーン向け中国語サービスの提供を開始

「Bebot」が英語に続いて中国語にも対応。まずはなんばオリエンタルホテルに導入。

株式会社ビースポークは、2017年7月1日より訪日外国人向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot」の中国語サービス提供を開始した。まず導入されたのは、なんばオリエンタルホテル。「Bebot」の中国語版の正式サービス提供となる。

「Bebot」は、365日いつでも訪日外国人の質問やリクエストにリアルタイムで多言語対応することができるチャットボット。カンデオホテルズ上野公園やホリデイ・イン大阪難波といった宿泊施設や、レンタカーサービス「タイムズ カー レンタル」にてサービス提供を開始している。

2015年の段階で、訪日外国人に占める中国人の比率は25%を越えている。中国語で対応できるようにすることは、ホテル等のサービス業にとっては間違いなく必要なことだろう。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。