「メルカリファンド」がスタート、CtoC事業や周辺事業を行う企業に出資

メルカリが、商材やサービス等特定の分野に特化したCtoC事業を行う企業や、マーケットプレイスの活性化を促進する事業を行う企業等を対象として投資を行う。

メルカリ代表取締役会長兼CEO 山田進太郎氏

株式会社メルカリは、CtoC事業やその周辺事業を行う企業に出資をする「メルカリファンド」を開始した。メルカリファンドでは、商材やサービス等特定の分野に特化したCtoC事業を行う企業や、マーケットプレイスの活性化を促進する事業を行う企業等を対象として投資を行う。なお、「メルカリファンド」は、出資プロジェクトの呼称であり、子会社設立やファンドの組成を伴うものではないという。

出資先の事業と「メルカリ」や「メルカリ アッテ」等のサービス連携も検討していく方針だ。メルカリでは今までにも、ネットショップ開設サービス「BASE」を運営するBASE株式会社、家電・カメラ等のレンタルサービス「Rentio」を運営するレンティオ株式会社などに出資してきた。「メルカリファンド」開始に伴い、最近ではスマートフォンアプリで語学レッスンを受けられるサービス「flamingo」を運営する株式会社フラミンゴに出資している。個別案件における出資金額や比率は非公開となっている。

img: mercari

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。