AIで営業向け働き方改革を支援するサービス「Senses」がiOSアプリをリリース

AI営業支援ツール「Senses」を提供する株式会社マツリカが、SensesのiOSアプリをリリースした。アプリができたことにより、外出先でも営業情報の確認や活動履歴の入力が可能になる。

Sensesは営業現場の顧客に対する活動履歴を残すことにより、営業活動の確認や分析、ナレッジの共有を行うことができるクラウド型SFA。G SuiteやOffice 365との連携が可能となっており、スケジュールやメールを自動で同期できる。

連携機能に対するユーザーの評価は高かったが、営業現場の活用を促進するために情報入力の負荷を減らす必要があった。アプリを活用することで、営業現場は移動中や隙間時間を活用して情報を入力することが可能になる。アポの直前でも顧客の情報を閲覧できる機能や、商談の結果をアプリから簡単に入力できるよう実装されているという。

Sensesは先日、名刺管理ツール「Sansan」とのデータ連携も発表している。これまで営業が時間をとられていた作業が、かなり軽減されようとしている。

営業向け働き方改革ツール「Senses」と名刺管理ツール「Sansan」がデータ連携

マツリカは、iOSアプリに引き続き、Androidアプリも年内中のリリースに向けて開発中。今後も営業担当者の入力負荷を軽減するため、アプリの使い勝手の情報やAI機能の強化などを行っていく方針だ。「Senses」は、現在東京ビックサイトで開催中の第4回営業支援EXPOに出展しているため、アプリはそこでも体験できる。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。