みずほ銀行が住宅ローンを改定、LGBTにも配慮

東京都渋谷区が発行するパートナーシップ証明書の写しを提出する場合、同性パートナーを配偶者と同様に取り扱う。

株式会社みずほ銀行は、住宅ローンにおける商品改定を行い、邦銀で初めて家族ペア返済や収入合算における配偶者の定義に同性パートナーを含める対応を行うことを明らかにした

近年のLGBTに対する社会的関心の高まりや自治体における取り組みを踏まえ、東京都渋谷区が発行するパートナーシップ証明書の写しを提出する場合、同性パートナーを配偶者と同様に取り扱うという。

みずほ銀行では、LGBTなどの性的少数者の社員が安心して働くことのできる職場環境の整備や、社内研修の実施やLGBTイベントへの協賛などを通じて、役員・社員の意識改革にも取り組んでいる。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。