カヤックが鎌倉に住む社員の家賃を一部補助する「鎌倉住宅手当」をスタート

開発拠点周辺となる鎌倉地域に住む社員に対して、家賃を補助する制度が始まった。

カヤックが、鎌倉に住み、鎌倉で働く人を増やすために、7月7日から「鎌倉移住手当」をスタートすることを発表した。カヤックに入社して鎌倉に住む人は、39,000(サンキュー)円/月の住宅手当を受けられるという。

鎌倉移住手当は、開発拠点周辺となる地域に住む社員に対して、家賃を補助する制度。鎌倉市内であれば、39,000円/月、逗子市内であれば29,000円/月、葉山町内であれば19,000円/月の手当が受けられる。

先日、カヤックの買収によりグループ会社となって「稲村ヶ崎R不動産」を通じて、同社の社員が上記地域への移住を決めた場合、仲介手数料を割引する。

カヤックが「稲村ヶ崎R不動産」を子会社化、地域での職住近接を支援

7月7日には、鎌倉市御成町にカヤックの新オフィスもオープン。同社の鎌倉の開発拠点も、着々と建設が進んでいる。カヤックは、「鎌倉資本主義」を掲げ、社員がクリエイティブな仕事に集中する環境をつくり、地域と共存していくためにさまざまな取組を実施していくという。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。