バイクシェアカンパニー「Mobike」がイタリアのフィレンツェとミラノでローンチ

急成長中のバイクシェアスタートアップがイタリアに上陸した。

日本へも上陸したことで話題となった中国初のバイクシェアカンパニー「Mobike」が、2017年7月24日、イタリアのフィレンツェとミラノでサービスを開始した

同日、Mobikeはイタリアを代表する都市の一つであるミラノでもローンチする計画を発表している。フィレンツェとミラノでの本格的なサービスの開始は8月を予定しており、2都市で約4,000台のMobikeを配備する予定だという。

Mobike創業者の胡瑋煒(フー・ウェイウェイ)氏は、イタリアでのリリースに関してこのようにコメントしている。

「私たちはイタリアで、特に歴史に名を残す数々のイノベーターやアーティストを生み出しているフィレンツェとミラノという2都市でMobikeのサービスを開始できることをとても嬉しく思っています。

両都市の素晴らしい都市景観の威厳と、都市を彩るアーティストたちの存在感溢れるレガシーからは大きなインスパイアを受けており、私たちがここで事業を展開することを誇りに思っています。Mobikeはパートナーと協力しながら、フィレンツェとミラノの人々、そして観光客が都市を更に楽しめるよう全力を注いでいます」

Mobikeにはユニークなスマートロックテクノロジーが搭載されており、GPSが内蔵されている。Mobikeは、ユーザーの需要を各車体の状態と位置からリアルタイムで確認、監視、管理し、都市の移動における「ラストワンマイル」問題の解決にも貢献していくことを目指している。

Mobikeは、2017年7月で130を超える都市に導入されている。その展開ペースには驚くばかりだ

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。