クラウド人材管理ツール「カオナビ」がAPIの提供を開始

従業員の顔写真を見ながら評価や抜擢、人材配置のシミュレーションなど人材管理ができるクラウドサービスが他のHRサービスと連携する。

株式会社カオナビが、クラウド人材管理ツール「カオナビ」のAPIを提供開始した。基幹システムやユーザーが自社開発したシステムのほか、労務や勤怠をはじめとした他社が提供する HR テクノロジーサービスとのデータ連携が可能になり、人材管理業務の効率化や生産性向上が期待される。

「カオナビ」は、従業員の顔写真を見ながら評価や抜擢、人材配置のシミュレーションなど人材管理ができるクラウドサービスとして、IT・Web サービス業をはじめ飲食・外食業、アパレル・流通業、保育業、スポーツ業界など 550 社以上の多様な業種、企業規模のユーザーに利用されているツールだ。

HR Tech関連サービスは多数誕生している。他社サービスとの連携に関する要望が多く寄せられていたことから、APIの提供に至ったという。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。