秋田が教育資産をシェアする宣言。地域起業家を応援するプログラム ドチャベン2017のテーマを「教育シェア」に決定

秋田は、全国トップレベルの教育資産をシェアしていくことで、新たな地域社会モデルの創出を目指す。

秋田県は、秋田発の革新的な事業創出を目指す「ドチャベン」の一環で、豊かな教育資産を世界へシェアする宣言を発表した。少子高齢化が進み県人口100万人を割り込む中、全国トップレベルの教育資産をシェアしていくことで、新たな地域社会モデルの創出を目指す。

「ドチャベン」は土着ベンチャーを略した造語。2015年からスタートし、秋田県から革新的な事業創出を目指すプログラムだ。3年目となった2017年は、「教育シェア宣言」を受けて、「教育×シェア」をテーマに新たな地域社会モデルを実現する事業アイデアを募集する。

プログラムは「イベント・現地ブートキャンプ」「ビジネスプランコンテスト」「起業家支援プログラム」の3部構成。教育シェアを実現する革新的な事業アイデアを募集していく。秋田県内(男鹿市/鹿角市/北秋田市/五城目町/能代市/美郷町/湯沢市)にて、2018年4月を目処に起業・事業創出を目指す人が対象となっている。

秋田県は、秋田にある豊かな教育資産を世界にシェアしていくことで、「教育」「学び」の新しい形を、地方から生み出していく狙い。8月4日(金)にオリエンテーションが都内で開催される。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。