渋谷区立小中学校の全生徒約8000人が「スタディサプリ」を教材として利用開始

渋谷区が進める渋谷区教育情報化システム 「渋谷区モデル」に採用。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン学習サービス「スタディサプリ」は、渋谷区が進める渋谷区教育情報化(ICT教育)システム 「渋谷区モデル」の公募に参加し、コンテンツ提供者として採用された

オンライン学習サービス『スタディサプリ』は、自動丸つけ機能や、児童・生徒の学習履歴管理機能を持ったデジタル教材だ。教師は専用の管理画面「スタディサプリfor Teachers」より、児童・生徒の学習状況をリアルタイムで把握することができ、特定のドリルや動画を”宿題”として配信することが可能となっている。

2016年度より渋谷区立代々木山谷小学校および渋谷区立鉢山中学校において、パーソナライズドラーニングに関する実証実験を行っており、自分専用の学習プランに取り組むことで、対象の児童・生徒において学力が向上したという結果がみられたという。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する