わりかんアプリ「paymo(ペイモ)」のQR支払いが逗子海岸の全店舗で試験導入開始!

海辺での決済がキャッシュレスに。

AnyPay株式会社が運営するわりかんアプリ「paymo (ペイモ)」が、逗子海水浴場の全店舗においてペイモQR支払いを試験導入すると発表した

QR支払いは、個人間の支払いのみに利用ができていたペイモが、リアル店舗でも QR コードを利用して支払いができるようになる仕組み。ペイモのアプリを起動して、設置されている専用のQR コードを読み取るだけで支払いが可能になる。

ペイモが導入されれば、年間約30万人の利用者数がある逗子海水浴場において、ペイモを利用して支払いができる。試験導入は、逗子海岸の海の家、約40店舗で導入され、ロッカー、シャワーからビールなどの飲食にも利用可能だ。

今回の試験導入によって、アプリ内で登録されたクレジットカードやアプリ内での残高、ポイントを利用して支払うことができるようになり、スマートフォンがあれば、お店への支払いから友だちとの割り勘まで完結する。

順次支払える商品を増やしていく予定だという。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。