ご飯イベントの検索から予約、決済まで可能に。食のコミュニティサイト「KitchHike」がスマホアプリをリリース

料理イベント・ごはん交流会から行きたいイベントを探し、その場で予約・決済ができるようになった。

食でつながる地域コミュニティサイト「KitchHike」を運営する株式会社キッチハイクが、料理を食べに行く人向けのモバイル版アプリをリリースした。アプリは、iOSAndroidで提供されている。

KitchHikeのアプリは、料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)がつながる地域コミュニティサイト「KitchHike(キッチハイク)」をアプリで体験できる。料理を作る人(COOK)が開催する料理イベント・ごはん交流会から行きたいイベントを探し、その場で予約・決済ができる。

アプリには、COOKとのやりとりがより簡単にできる便利なメッセージ機能に、お気に入りを登録できるマイリスト機能、写真を共有して楽しめるフォトギャラリー機能など、KitchHikeをより楽しむための機能が揃っている。

レストランデイ」という、予め決められた日だけ誰でもレストランを開くことができるという北欧発のムーブメントがある。アプリも提供されており、開催日は近くにあるその日だけのレストランを探すことができる。「KitchHike」のアプリにより、日常的に「レストランデイ」のような状態を作り出すこともできそうだ。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。