介護離職の不安を軽減するために、メルカリの人事制度に介護休業支援が追加

メルカリの人事制度「merci box(メルシーボックス)」に介護休業支援制度が追加。

メルカリの人事制度「merci box(メルシーボックス)」に介護休業支援制度が追加された

「merci box」は、メルカリが2016年2月に導入した人事制度。「産休・育休中の給与の100%保障」をはじめ、妊活の支援、病児保育費の支援、社員の死亡保険加入などの制度を整えている。

新たに追加された介護休業支援制度では、国から賃金の67%を受けられる介護休業給付金に、残りの33%を会社が付加することで100%保障を実現し、介護休業時の経済的負担を和らげる。これまでも介護を理由とする従業員については、1年あたり5日間を特別有給休暇として付与していましたが、さらに経済面のサポートが追加された。

給与100%保障を皮切りに、今後も介護にあたる社員への各種サポートの追加も検討していくという。今後、社会課題となっていく介護離職への対応が企業が実施していくこともこれからは必要になってくるだろう。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。