チャットボットで日程調整を便利にする「オートーク」、 500 StartupsやKVPから数千万円規模を資金調達

アルバイト採用面接をAIコールセンターで低価格で代行する「オートーク ビズ」も注目。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
左から:RegulusTechnologies株式会社 CDO 塚由 恵介氏、CEO 伊藤 翼氏

チャットボットで複数人の日程調整が行えるパーソナルアシスタント「オートーク」とアルバイト採用面接をAIコールセンターで低価格で代行する「オートークビズ」を運営するRegulusTechnologies株式会社は、500 Startups Japan、KLab Venture Partners株式会社より数千万円規模の資金調達を2017年8月に完了した

RegulusTechnologiesは、2017年7月より「オートーク」をリリース。「オートーク」は、GoogleカレンダーやOutlookカレンダーなどと連携し、ユーザーとの日程調整における候補日のやりとりを代行し自動化する。これだけ色々なものが便利になった時代においても、いまだ日程調整は手間がかかるため、こうしたサービスはありがたい。

注目は、「オートーク」と同時にリリースされた「オートーク ビズ」だ。アルバイトを多く採用する企業は、求人応募者との面接設定等の業務負担が大きい。一方で、コールセンターを立ち上げると費用が膨大になるため、「オートーク ビズ」を採用することで、コストと人的負担を減少させることが可能となり、サービス開始後2ヵ月で複数の上場企業に導入されている。

RegulusTechnologies株式会社 代表取締役 伊藤翼氏は、今回のリリースに関して、下記のようにコメントしている。

「弊社はオートークというプロダクトを中心に「誰もやりたがらない機械的な作業」を世の中から一つずつ最適化し、誰もがクリエイティビティ溢れる生産性の高い作業に集中できるよう日々サービス開発に取り組んでいます。今回の資金調達により開発体制を強化することで、オートーメーションによって人間の生産性を高める世界を実現していきます」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する