東急電鉄と買い物代行の「honestbee」が業務提携、地域密着型シェアリングエコノミー確立を目指す

ホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」を運営する東京急行電鉄株式会社は、東急線沿線を中心とする新たなシェアリングエコノミー型事業モデルの確立に向けて、アジア最大級地域密着型のオンライン買物代行コンシェルジュサービスを展開するシンガポール発のベンチャー企業、honestbee株式会社との包括業務提携契約を締結した

 「東急ベル」は、東急線沿線を対象として2012年6月にスタートしたホーム・コンビニエンスサービス。専門スタッフが顧客の自宅へ行き、オンラインスーパーやハウスクリーニング、家事代行など「家ナカ」を便利で快適にするサービスを提供している。

東急電鉄と提携した、買い物代行コンシェルジュサービス「honestbee」は、ユーザーがWebやアプリ上から注文すると、スタッフが買物代行し、注文から最短1時間以内に自宅やオフィスまで届けるサービス。

今回の提携では、東急線沿線におけるシェアリングエコノミー型の配送モデル確立に向け「honestbee」のサービスの浸透・拡大施策を展開するほか、東急ベル配送サービスの一部委託を検討するという。

今後は登録者も募り、コンシェルジュスタッフを育成することで、人手不足の解消に繋げる狙い。2時間という短時間から働けるシステムは、育児や介護など時間制限のある人々にとって、隙間時間を利用した働き方を可能にし、地域社会に新たな雇用機会を創出すると見られている。

最近、東急不動産がインキュベーション施設の開設を発表したばかり。東急のスタートアップとの連携は今後も進みそうだ。

東急不動産、世界を繋ぐインキュベーション施設を渋谷に開設

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA