メルカリがシェアサイクル事業に参入!2018年に「メルチャリ」をリリース予定

中国で盛り上がるシェアサイクル事業にメルカリも参入する。

株式会社メルカリが、2018年初頭のサービス開始を目指し、オンデマンドシェアサイクル事業「メルチャリ」の検討を開始したことを発表した

近年、シェアサイクル事業は中国において急速に市場を拡大している。スマートフォンを利用して手軽にレンタルできることから、日常の移動手段として人々の生活に欠かせないものとなり、都市を変貌させている。

今年は、中国の代表的な事業者である「Mobike」「ofo」の2社も既に日本でのサービス展開を発表する等、日本でもシェアサイクル事業が広がりを見せ始めた。

メルカリによるシェアサイクル事業「メルチャリ」は、グループ会社である株式会社ソウゾウが運営を担当。2018年初頭のサービス開始を目指すという。

展開エリアは主に都市部から開始し、順次拡大していく予定となっており、フリマアプリ「メルカリ」とも連携する。中国発のプレイヤーとの違いは、既存サービスのユーザーが存在すること、そことの連携が可能なことが考えられる。

今後は「メルチャリ」の提供開始に向けて、既に交渉を開始している複数の地方自治体や企業との連携を進めると共に、新たにシェアサイクル展開を検討している地方自治体や、駐輪スペースの貸出を検討中のパートナー企業を募集する。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。