AIを活用したビジネスマッチングアプリ「yenta」がAndroid版をリリース

要望の多かったAndroid版がいよいよリリース。

ビジネスマッチングアプリ「yenta」がAndroid版アプリリリースした

Android版では、iOSで利用可能なブースト機能(有料)、フィルタ機能(有料)、オープンランチ機能、マッチングリスト内の検索といった一部機能が利用できない状態ではあるが、それでもyentaを使うことには問題ない。

yentaは今年の7月に、審査通過済したユーザー数が1万人、ユーザーが実際に会ったユーザーに対して「会って良かった」とレビューする機能の登録件数も1万件を突破。成長フェーズへと突入している。

「会ってよかった」の声が1万件を突破−−ビジネスマッチングアプリ「yenta」は成長フェーズに突入

かねてより希望の多かったAndroid版がリリースされたことで、成長曲線へとどう影響するのか。気になるところだ。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。