CAMPFIRE、クラウドファンディングに「ビットコイン決済」導入

コインチェックの決済サービスを活用して、クラウドファンディングでビットコイン決済を可能にした。これにより、クレジットカードでは難しかった高額支援や海外からの支援が容易になる。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

株式会社CAMPFIREが、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて、2017年9月12日より、コインチェック株式会社の決済サービス「Coincheck payment(コインチェックペイメント)」を導入することを発表した

これにより、CAMPFIREでプロジェクトを支援する際のビットコインによる決済が可能となる。ビットコイン決済の導入により、クレジットカードでは難しかった高額支援や海外からの支援が容易になると見られる。

CAMPFIREは、2017年3月に仮想通貨取引所「FIREX」を開設。 同時にビットコイン、ブロックチェーンのユースケース開発にも取り組んでいる。その一例として、ビットコインがチームコミュニケーションツール「Slack(スラック)」上で手軽に送付できるSlackbot「OKIMOCHI(オキモチ)」も2017年8月より提供している。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する