ピクシブ、チャット形式の小説を楽しめる チャットストーリーアプリ「pixiv chatstory」の提供を開始

チャット形式で読むショートストーリー。チャットストーリーの小説は誰でも投稿をすることができ、作品の投稿は音声による文字入力にも対応。

ピクシブ株式会社は、チャット形式の小説が楽しめる「pixiv chatstory(ピクシブチャットストーリー)」のアプリを、2017年10月13日より提供開始した

pixiv chatstoryは、スマホで気軽に小説「チャットストーリー」を読むことができるアプリ。チャットストーリーは、チャットの会話形式で物語が進行し、画面をタップするたびに会話が進む。

チャットUIに合わせてストーリーが進行することで、他者同士の会話のやりとりを見ているような感覚、自分自身があたかも会話に参加しているような感覚を味わうことができるとピクシブは述べている。

1話は1分〜3分程度で読める短編。通勤通学などの移動時間やちょっとした空き時間などでも楽しめるような長さだ。ずっと続く文章を読むよりも、一つ一つの投稿ごとに読み取っていけばいいため、内容を把握しやすい。

pixiv chatstoryでは、チャットストーリーの小説を誰でも投稿をすることができる。作品の投稿は音声による文字入力にも対応しており、短編小説がメインであるチャットストーリーでは、より気軽に小説を作ることが可能だ。

今後、pixiv chatstoryでしか読めないオリジナル作品や人気コンテンツ(漫画やアニメ、ゲームなど)のチャットストーリー版を順次公開していくという。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。