Airbnbが障害者支援民泊サービス「Accomable」を買収

多くの人が旅行を楽しめるよう、アクセシビリティの向上に務める。

Airbnbが現地時間11月16日、障害を持つ旅行者専用の民泊仲介サービスを運営する英Accomableを買収したことを発表した。

Accomableはロンドンで2015年に創業した企業。創業したのは、自らも障害を持つスリン・マディパリ氏だ。同氏は、子どもの頃から難病を患っており、旅行をする際にどこにアクセシブルな場所があるのかわからず、困った体験をしていた。そこで、障害者の世界旅行を支援する目的でAccomableを立ち上げた。

今回の買収により、マディパリ氏はAirbnbのDiversity and Belongingチームに参加。今後、Airbnbのリスティングのアクセシビリティ改善に取り組むという。AccomableのWebサイトはこの先数カ月中に閉鎖。Accomableが擁する60カ国以上のリスティングはAirbnbに統合される。

また、Airbnbは13日には広告比較ツールを提供する米AdBsisを買収。2014年創業でシカゴに拠点を置く同社は、企業向けにAdWords向けの広告テストツールなどを提供していた。AdBasisのチームはAirbnb内でテストと最適化技術に取り組んでいくという。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。