メルカリ、2018年にスキルシェアサービス「teacha」を開始

株式会社メルカリがフリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリとして、語学学習・習い事などのスキルや個人が持っている知識のマッチングサービス「teacha」(ティーチャ)を来春開始することを明らかにした。

株式会社メルカリがフリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリとして新たなサービス「teacha」(ティーチャ)を来春開始することを明らかにした

「teacha」は語学学習・習い事などのスキルや、個人が持っている知識のマッチングに特化したCtoCサービスで、運営は株式会社ソウゾウが行う。誰でも自分の得意なことや知識を簡単に人に教えることができ、興味のある内容を気軽に学ぶことが可能となる。開発を担当しているのは、元Labitの鶴田浩之氏が率いるチーム。

発表にあわせ、本日よりティザーサイトが公開された。ティザーサイト上では「教えたい」方・「学びたい」というユーザーの事前登録受付や、パートナー企業・地方自治体の募集を開始している。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。