メルカリ、2018年にスキルシェアサービス「teacha」を開始

株式会社メルカリがフリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリとして、語学学習・習い事などのスキルや個人が持っている知識のマッチングサービス「teacha」(ティーチャ)を来春開始することを明らかにした。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

株式会社メルカリがフリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリとして新たなサービス「teacha」(ティーチャ)を来春開始することを明らかにした

「teacha」は語学学習・習い事などのスキルや、個人が持っている知識のマッチングに特化したCtoCサービスで、運営は株式会社ソウゾウが行う。誰でも自分の得意なことや知識を簡単に人に教えることができ、興味のある内容を気軽に学ぶことが可能となる。開発を担当しているのは、元Labitの鶴田浩之氏が率いるチーム。

発表にあわせ、本日よりティザーサイトが公開された。ティザーサイト上では「教えたい」方・「学びたい」というユーザーの事前登録受付や、パートナー企業・地方自治体の募集を開始している。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する