ジラフ、短期間で月間2億PVに成長した匿名質問サービス「Peing – 質問箱」を買収

これでジラフが運営する事業はヒカカク!、最安修理ドットコム、スマホのマーケットに続いて4つ目に。

株式会社ジラフが個人事業主のせせり氏が運営する匿名質問サービス「Peing – 質問箱」の買収に関し、開発者であり運営者でもあるせせり氏と事業譲渡契約を締結したことを明らかにした

「Peing – 質問箱」は2017年11月にリリースされた、Twitterを通じて匿名で質問できるサービスだ。イスラエル発の匿名質問アプリ「Sarahah」に似ているが、アプリのダウンロードは不要。質問して欲しい人は、PeingとTwitterを連携させるだけで、Twitterユーザーから質問を受け付けることができる。

リリースからわずかな期間で、月間2億PVの巨大サービスへと急成長。一方で、運営者の「せせり氏」は「Peing – 質問箱」の既存の開発体制の限界を感じており、ジラフにサービスを移管し開発を進めていくことが本サービスの成長にとって最適だと判断したという。

ジラフへの事業譲受は既に完了しており、今後はソーシャルゲーム会社の株式会社ポケラボ創業者であり、現ジラフ執行役員の佐々木俊介氏が事業責任者に就任して、「Peing – 質問箱」の拡大に尽力する。せせり氏は今後ジラフのアドバイザーとして参画する。

ジラフは2017年10月に中古のスマートフォンを安心して売買できる、フリマサイト「スマホのマーケット」等をリリース、2017年11月にはシリーズBでアイ・マーキュリーキャピタル、グリー、メルカリファンド等から総額4億円を資金調達しており、勢いが止まらない。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。