アジアのクリエイティブ・シティガイド「HereNow」に台湾・高雄(KAOHSIUNG)が追加

東京とシンガポールに拠点を置くクリエイティブカンパニー・CINRAが手がけるアジアのクリエイティブ・シティガイド「HereNow(ヒアナウ)」に、第9の都市「高雄(KAOHSIUNG)」が追加された。

東京とシンガポールに拠点を置くクリエイティブカンパニー・CINRAが手がけるアジアのクリエイティブ・シティガイド「HereNow(ヒアナウ)」に、第9の都市「高雄(KAOHSIUNG)」が追加された

「HereNow」は現地に住むデザイナーやエディターが「その都市で今何が面白いのか」を考えながらキュレーションするシティガイド。有名な観光スポットを紹介するのではなく、その都市の文化的でクリエイティブな姿を映し出すことを目指している。

「HereNow」は、これまで東京・京都・福岡・沖縄・台北・バンコク・シンガポール・ソウルの8都市で展開されている。対応言語は、日・英・タイ語・繁体字・韓国語の5ヶ国語。2017年4月にはiOS/Androidアプリをリリースした

高雄市は、台湾南部に位置する台湾第2の経済都市。旅行ガイドブック「ロンリープラネット」が発表した「2018年の旅行に適した都市ベスト10」で、第5位に選ばれる等、注目が集まっているエリアだ。

近年、高雄市は官民一体となり芸術やデザインを盛り上げ、観光に力を入れているという。その一環として2017年12月23日から1月7日まで『2017 高雄設計節 / 2017 Kaohsiung Design Festival』というデザインフェスティバルが開催されている。同イベントの開催に合わせ、「Here Now」は高雄市文化局と提携し、「HereNow KAOHSIUNG」を発表した。

「HereNow KAOHSIUNG」の公開を記念して、航空券や宿泊券が当たるプレゼントキャンペーンを実施している。2017年12月18日(月)から2018年1月8日(月)の期間内に「HereNow」のアプリをダウンロードして応募すれば、抽選に参加できる。応募方法の詳細は下記リンクにて。

HereNowがこれまで展開してきた他の都市と比べて、高雄の知名度は高くない印象を受ける。だからこそ、現地のクリエイターがその都市の魅力をキュレーションし、価値を届けていくことが重要ではないだろうか。

岡田 弘太郎

1994年生まれの編集者 / DJ。慶應義塾大学でデザイン思考/サービスデザインを専攻。在学時に『greenz.jp』や『SENSORS』で執筆、複数のウェブメディアで編集を経験し、現在は編集デザインファーム「inquire」に所属。ミレニアル世代向けのビジネスメディア『AMP』や『Unleash』の編集に携わる。音楽ビジネス誌『gig』編集長。関心領域はビジネス、音楽、デザイン、テクノロジーなどを横断的に。Twitter : @ktrokd