匿名質問サービス「Peing-質問箱」のスマホアプリがリリース。世界155カ国に配信開始

人気匿名質問サービスが質問しやすく、回答しやすく。

世の中には調べてもわからず、人に聞いたりしないとわからないこともある。人に聞きやすいという意味で、今はとてもいい時代だ。

匿名質問サービス「Peing – 質問箱」のiPhoneアプリAndroidアプリがリリースされたことで、さらに人に質問しやすくなるだろう。

「Peing – 質問箱」はソーシャル・ネットワーキング・サービス「Twitter」上で利用できる匿名型の質問サービスだ。TwitterのTLで質問や回答を多く見かける。中にはあまりにも多く見かけるから見たくない、という人もいるそうだが、それだけ利用頻度が多いということでもある。

「Peing – 質問箱」は、個人開発者が2017年11月にサービスをリリースして間もなく、月間2億PVの巨大サービスへと急成長。株式会社ジラフが2017年12月に同サービスを買収した。買収の翌月には、英語版のリリースを発表するなど、ハイペースで動いている。

今回、アプリがリリースされたことで、さらに多くのユーザーが利用するようになるはずだ。Yahoo知恵袋がPCブラウザ時代のQ&Aサービスとしてのポジションを確立したように、Peingはスマホ・ソーシャル時代におけるQ&Aサービスとしての地位を確立できるかもしれない。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。