Lufthansa、100年ぶりのCIリニューアル

2018年2月7日、ルフトハンザ・ドイツ航空はブランドデザインのリニューアルを発表した。ルフトハンザのロゴは今年で100年を迎えるもので、航空会社のロゴの中では世界で最も古いとdezeenでは伝えられている。今回のリニューアルは同社のロゴの歴史の中では最も大きなアップデートとなる。

2018年2月7日、ルフトハンザ・ドイツ航空はブランドデザインのリニューアルを発表した。

ルフトハンザのロゴは今年で100年を迎えるもので、航空会社のロゴの中では世界で最も古いとdezeenでは伝えられている。今回のリニューアルは同社のロゴの歴史の中では最も大きなアップデートとなる。

ロゴで描かれている鶴のオブジェクトはそのままだが、黄色と紺色を用いていたカラーパレットは紺色と白に変更。鶴を囲むラインも細くなり、よりモダンな印象を強めている。ロゴとあわせタイプシステムも作り直しているという。

デザインプロセスについては以下の動画がわかりやすい。

2月7日時点で発表されているのは、新ロゴに基づいた機体デザインのみ。今後は搭乗券から客室乗務員の制服、空港カウンターなど幅広く新しいデザインが適応されていく予定だ。

小山 和之
小山 和之

編集者・ライター。1989年生まれ。建築の意匠設計を経て、Webコンサル会社にて企業のWeb戦略ディレクション、オウンドメディアの企画・立ち上げ・編集等に従事。傍ら個人でもフリーの編集者・ライターとして活動した後、現在に至る。