振って2秒でお店が決まる?ランダムグルメアプリは情報過多の時代を救うか

情報が多すぎてお店選びに時間がかかるようになったこの時代に、振って2秒で現在地周辺のお店がランダムに表示されるアプリ「SHACA SHACA!!」が合同会社IMAGINALからリリースされた。

仕事終わりに「家に帰ってご飯を作るのが面倒だな」と考えているときに誰かの口から発せられるこの言葉に勇気をもらうことがある。

「どこかにご飯食べにいかない?」

疲れた体にこれほど染みる言葉は、この世にないだろう。だが、その次の言葉がたちまちエネルギーを奪っていく。

「どこに食べにいく?」

情報が溢れたこの世の中で、星評価や口コミ、予算や各々の好み、その日のお昼ごはんなど、お店を選ぶ条件は挙げようと思えばいくらでも挙げられる。その全てを考慮に入れていたら、とてもお店を決めることなんてできない。

こんなとき、誰かがお店を決めてくれたなら。そんな願いを叶えてくれるアプリが登場した。

周辺のお店がランダムで表示される「SHACA SHACA!!」

「SHACA SHACA!!」は、アプリを起動し、スマホをシャカシャカと振るだけで、その直後に周辺のお店から1店舗がランダムで表示されるアプリだ

お店が表示された際に驚くのが、その情報量の少なさ。お店を選ぶときに必ずと言っていいほど確認する星の数も、口コミもこのアプリでは表示されない。

「このお店に行く」ボタンを押しても表示されるのは地図だけであり、このアプリから得られる情報はお店の名前と地域、営業時間、電話番号、地図、これだけだ。

思考停止ではなく正解を自分で作る

世の中は便利になり、手元のスマートフォンを通じてさまざまな情報にアクセスできるようになった。だが、その環境が「情報が多すぎて決められない」という状況も作り出してしまった。

このアプリを使えばお店の決定までにかかる時間はわずか2秒。面倒なお店選びからわたしたちを解放してくれる。

だが、アプリの目的はそれだけではない。アプリの作成者であるIMAGINALの稲沼竣氏は次のようにウェブサイトにメッセージを記載している。

常識の拡張、凝り固まった合理性の排除、思考停止ではなくどんな選択肢でも自分で正解を作れ!!人生はもっとランダムでいい。
IMAGINALより引用
予算や星評価、レビューがない代わりに自分の常識を超えた予測不可能な選択肢を持つ重要性を訴えている。

ランダムで選ばれたお店の満足度が高かったとき、それは入念に検索してからお店にいったときの何倍も感動や興奮を味わえるだろう。もし万が一、そのお店がはずれだと感じたときは、心を平静に、釈迦のような気持ちで次の機会に賭けよう。

成功ばかりの人生は面白くない。それはお店選びだって一緒じゃないか。人生はもっとランダムでいい。

ダウンロードはこちら

片桐 遥

1996年生まれ。横浜市立大学にて社会学を専攻。趣味はテレビ鑑賞と音楽鑑賞、読書など。尊敬する人はアメトークやロンドンハーツのプロデューサーの加地倫三さんと作家の西加奈子さん。