プロジェクト管理ツール「Asana」にガントチャート機能が搭載

プロジェクト管理ツール「Asana」にガントチャート表示の機能が追加。プロジェクトの進行状況のビジュアライズがしやすくなった。

仕事をする上で、何かしらのプロジェクト管理に関わることは避けられなくなってきている。パラレルワークも珍しいことでなくなってきている現代では、プロジェクトの進行状況を上手く管理する術は必須の技能といえる。

とはいえ、プロジェクト管理は手間がかかる。便利なサービスの力を借りて、負担少なく管理できるのであれば、それに越したことはない。

プロジェクト管理ツール「Asana」にタイムライン機能が搭載

Asana」は、数あるプロジェクト管理ツールの1つだ。Facebookで社内の効率化に取り組んでいた二人が独立してローンチした。

Asanaでは、複数のプロジェクトを一元管理したり、チームのタスクを記録したりと、チームが生産性高くプロジェクトを進める手助けをしてくれる。

個人にアサインされたタスクの確認やカンバン方式でタスクを表示してくれたりと便利な機能を備えていたAsanaに、新たにタイムラインの機能が加わった

「Timeline」のタブをクリックすると、登録されていたタスクたちがガントチャート形式で表示される。そのタスクがいつからいつまでの計画なのかも、タスクをドラッグすることで調整できる。

締め切りを設定していなかったタスクはガントチャートの下部に表示され、ドラッグアンドドロップでガントチャート上に設定できる。想定していたよりもタスクの進捗が遅れてしまい、スケジュールを再設定したいときもタスクをドラッグして移動すればいい。

Asanaには登録されているタスクがどのタスクに関連しているかも設定できる。設定しておくと、ガントチャート表示された際、タスク同士が線で接続された状態で表示される。

タスクの期日をずらそうとして、関連しているタスクの期日との整合性がとれなくなった際にはアラートが出る。

Asanaの新機能を使ってガントチャート表示をすることで、リスト表示やカンバン表示よりもかなり直感的な操作でプロジェクト管理が可能になりそうだ。

via Asana

タスク管理ツール「Trello」でガントチャートを使いこなすために知っておきたい3つのポイント

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。