プレゼン資料作成に悩むビジネスパーソンを『Canva』が救う。テンプレートを使ったスライドの作り方を解説

無料グラフィックツール「Canva」では、誰でも簡単にデザイン性の高いスライドをつくることができる。「デザインセンスがない」とあきらめる必要はないのだ。

新人の頃(そして今でも)、プレゼンテーション資料の作成に四苦八苦した経験を持つ人は多いだろう。内容自体のブラッシュアップより、デザインに頭を悩ませ、時間を取られることもしばしばだ。同じように資料作成に苦手意識を感じているビジネスパーソンも多いかもしれない。

けれど「デザインセンスがない」とあきらめる必要はない。「デザインをもっと身近に」をコンセプトに掲げる無料グラフィックツール『Canva』では、誰でも簡単に洗練されたデザインのスライドを制作できる。

ビジネスでも使えるCanva。統一感のあるプレゼンテーション作成

前回の記事では基本的な使い方を紹介した。今回の記事ではビジネスシーンにおけるCanvaの活用方法について紹介したい。

Canvaにはプレゼンテーションやチラシ、店舗のメニューなど、制作物の種類・サイズに適したテンプレートが用意されている。その一つが「プレゼンテーション」だ。下図のように多様なデザインが用意されている。

「Canva」でプレゼンをつくろう

テンプレートをクリックすると、画面中央の編集画面にスライドが表示される。スライド内のテキストや写真、アイコンなどはすべて自由に編集できる。

ページを追加する場合は、画面下部の「新しいページを追加(+ add a new image)」を選択し、次ページに使用したいテンプレートを選択する。前後のページと順番を入れ替えることも可能だ。

グラフの編集もスムーズに

とくに注目したいのはグラフの機能だ。エクセルやスプレッドシートで作成した表を用いて、直感的に美しいグラフを作成できる。

グラフを追加するには、左タブの「素材」から「グラフ」を選択する。棒グラフや折れ線グラフ、パイチャートから使用したいグラフを選ぶことができる。

グラフの内容を編集するには、グラフをクリック。画面左側に出てくる表の数字を変更すると、リアルタイムに右側のグラフに反映されていく。

また、左下のウィンドウにエクセルやGoogleスプレッドシートをコピー&ペーストすると、瞬時にグラフが表示される。データを扱うビジネスパーソンにとっては便利な機能だろう。

ここまで紹介したベーシックなものだけでなく、ベン図やSWOT分析図、カスタマージャーニーマップなど、多様なビジネスシーンを想定したスライドやグラフが用意されている。

ただ情報が並んでいるだけでなく、相手にわかりやすく情報を伝える資料が増えれば、デザイナーのいない職場にもデザインに対する意識が芽生えていくだろう。

何より、誰でも簡単に使える「Canva」は、デザインに対する苦手意識やとっかかりづらさを払拭してくれる。ぜひデザインの楽しさを体感してみてはいかがだろうか。

佐藤 由佳

1993年東京・高円寺生まれ。理学部を卒業後、Web制作ディレクターを経験。1年で退職後フリーライターに。現在はビジネス・テクノロジーを中心に取材記事などを執筆。趣味は自然豊かな場所に行くこと。Twitter:@y_lovearth