haruka mukai

1993年石川県生まれ。ソフトウェアの翻訳アルバイトを経てウェブメディアでライターとして活動。現在はライティング・翻訳と並行して、オンライン英会話の会社でオウンドメディアの運営を担当。関心事はテクノロジーと言語、ラジオとスタンドアップコメディ

社内外のエンゲージメントを“7つのレベル”で分類。組織を体験でつなぐ米国マーケティングエージェンシー

とある業務効率化ツールの営業として働いていた友人は、自分たちのチームがいかに非効率的な働き方をしているかをよく嘆いていた。 彼女の属していた組織のように、プロダクトの発するメッセージと、組織のカルチャーや社員の意識が乖離…

“選択”に悩むすべてのミレニアル世代へ。アメリカ社会のリアルと日常の愛しさを映し出す「マスター・オブ・ゼロ」

マッチングアプリにグルメサイト、自分のためのカスタマイズされたSNSのタイムライン。私たちの周りには数多ある選択肢から最適なものを見つける手段で溢れている。 その便利さを存分に享受している一方で、「これが最適解なのだ」と…

需要高まるコミュニティデザインを“愛着”と“誇り”から捉える。『ミミクリデザイン』公開研究会

ここ数年で、地域やビジネスなど多様な領域で“コミュニティ”という言葉を耳にするようになった。その背景の一つには、従来の縦割り組織ではなく、組織や業界を横断した多様な個人のコラボレーションによって生まれる課題解決や新たな価…

政府に意思表明する手段は選挙とデモだけではない。変革を促すための“市民ロビー活動”とは?

現代の日本において、政府に対して不満を抱いたとき、私たちは適切に意思表明ができているといえるのだろうか。 選挙やデモなど意思表示の手段はあるが、積極的に参加している人は決して多くはない。国際比較調査グループISSPの調査…