林琴奈

1992年生まれ、京都大学院で地質学を専攻。在学中に結婚・妊娠・出産を経験。趣味は読書、Instagram、ラップバトル鑑賞。関心領域は、自然科学・テクノロジー・教育。

「現実ってつらいから、物語の中に少し避難できるといい」──大前粟生と藤野可織が語った「推し」から探る作家の原点

喋り、思考し、演技する回転草、夏の海に行きたい雪女に海外旅行に行くヴァンパイア。彼らは家族や恋人、友人と過ごす中で様々な問題に直面し、悩み、もがきながら生活を送る。 異形のものたちが、作家・大前粟生の小説では当たり前みた…

社会を分断する壁なんて、本当はないのかもしれない。Netflixの『ワイルドワイルドカントリー』から正義の中にある悪が見えてくる

ある大雨の朝、テレビをつけるとニュース番組が流れていた。隣では絵本に飽き、ぬいぐるみに飽き、プラレールに飽きた娘が不機嫌そうに絵を描いていた。 大雨に関するニュースを読み上げるアナウンサーの顔の周りには、各地の現況が文字…

フードロスにLGBT、子どもの貧困。ビジネスで“優しい革命”を起こす学生たちの #beyond_2 ピッチバトル

あなたは今、誰を救いたいですか?涙を堪えていた過去の自分?音信不通になった友人?隣で頭を抱えている恋人? この世界にはたくさんの「救いたい」と「救われたい」があって、しかしその願いは多くの場合、叶わない。 叶わないから何…

生きづらさを抱えたままでも、世の中は変えられる。家入一真氏たちがこれからの“社会貢献”を考えた #beyond_2

2011年、東日本大震災を受けて、日本社会の中で、人々が人生において追求する「価値」が変化したような気がする。建物は押しつぶされ、家財は濁流に飲み込まれる。そうした有形のものの儚さに対し、人々の「繋がり」や個々人の「思い…

#MeToo された著者の作品は最低最悪なの?──ジュノ・ディアス『こうしてお前は彼女にフラれる』

おれは悪い奴じゃない。こういうとどう聞こえるかはわかっている──言い訳がましいし、恥知らずだ──でも本当なんだよ。 ジュノ・ディアス、「太陽と月と星々」、『こうしてお前は彼女にフラれる(都甲幸治、久保尚美 訳)』 幼い頃…