Trend

フリーランスは心身のメンテナンスも仕事のうち。専門家による働くひとのためのチャット健康相談

フリーランスは孤独だ。 にも関わらず、仕事のプレッシャーはのしかかる。一人でプレッシャーに耐えなければならないとなると、なかなか厳しい。 無理して働きすぎて体調を崩したり、仕事の重圧が増した日にはメンタルを崩してしまうこ…

地域への試住ツアーや1ヶ月の現地滞在も起きている移住スカウトサービス「SMOUT」にiOSアプリが登場

リモートワークが当たり前になると、色んな地域の同僚ができる。地域で暮らすことは、少し前と比べても格段に選択肢に登るようになった。 オフィスに出社する機会が減れば、オフィスへのアクセスが良い場所に住む必要もなくなる。しばし…

フリーランスが得意領域に集中できるように。個人のバーチャル株式会社化を実現する「Freelance Basics」

「自由に働きたい」 「自分のやりたいことだけを仕事にしたい」 そんな思いを抱えてフリーランスになる人は多い。 たしかに、フリーランスはすべて自分次第なので、この希望は叶う。一人で働くというのは、また違った苦労も生まれる。…

スタートアップ界の人種・性別の壁を打ち破る!マイノリティ起業家の受け皿として、とある米国VCが急成長

『米国のスタートアップ』と聞くと、性別や国籍関係のない実力主義の世界。そんなイメージを持つ人が多いかもしれない。しかし現実は、すべての人が等しくチャンスを得ているとは言い難い状態だ。 スタートアップエコシステムに潜む見え…

「サングラスが1つ売れるたびに、貧しい人々に寄付したい」——本田圭佑も支援するオーマイグラスによる社会貢献型ブランド

「この前『途上国支援』について取材をしたんだよね」 そう話すと友達に引かれることも少なくない。日々の仕事のことを普通に話したいだけなのに、「意識高いね(笑)」の一言で片付けられることもある。『途上国支援』という言葉はわざ…

「現実ってつらいから、物語の中に少し避難できるといい」──大前粟生と藤野可織が語った「推し」から探る作家の原点

喋り、思考し、演技する回転草、夏の海に行きたい雪女に海外旅行に行くヴァンパイア。彼らは家族や恋人、友人と過ごす中で様々な問題に直面し、悩み、もがきながら生活を送る。 異形のものたちが、作家・大前粟生の小説では当たり前みた…

社会を分断する壁なんて、本当はないのかもしれない。Netflixの『ワイルドワイルドカントリー』から正義の中にある悪が見えてくる

ある大雨の朝、テレビをつけるとニュース番組が流れていた。隣では絵本に飽き、ぬいぐるみに飽き、プラレールに飽きた娘が不機嫌そうに絵を描いていた。 大雨に関するニュースを読み上げるアナウンサーの顔の周りには、各地の現況が文字…

増えすぎた観光客を“無名な”スポットに誘導?ロンドン観光局のゲームを使った「オーバーツーリズム」対策とは

観光に来たのに人気のスポットはどこも人で溢れていて、施設に入るのも、ランチをするにも一苦労。せっかくの休暇の大半を並んで過ごした、なんて経験は誰もがあるはず。 海外の観光地では、さらに状況が悪化しているケースも少なくない…