Googleが「悪にならない」という行動規範を削除。今、考えるべき情報社会の倫理観とは?

便利な世の中になった。スマホ一つあれば買い物、移動、メールや電話など、あらゆることができる時代だ。 しかし、いまや生活インフラとなったサービスの多くが、私たちの個人情報の上に成り立っている事実を忘れてはならない。 大半の…

Google X創設者の手がける動画学習サービスが「履歴書の書き方」を無料で教える理由

テクノロジーの発達によって、スマートフォンやインターネットがあれば、距離や時間に縛られることなく、新しい知識やスキルを得られるようになった。国内外の大学や企業は、多様な分野の講義や履修カリキュラムを提供し。そうした講義や…

なぜ「文化」が必要なのか。

この記事は、文鳥社(&カラス)の社長の日記のよりの転載です。 「地下鉄サリン事件」について取り組んだ作家のひとりに村上春樹さんがいます。62人の関係者(被害者だけでなく、オウム入信者もふくむ)へインタビューをし…

日本における「移民問題」はどうなる?引き離された家族をつなぐ遺伝子テクノロジーから未来を占う

久しぶりの帰省は、やっぱり良い。 玄関に入った瞬間から分かる、懐かしい匂い。母がつくるお味噌汁はいつだって美味しくて、父は相変わらずテレビ越しに巨人を応援している。洗濯物の畳み方だって変わってない。 “家族がいる場所に戻…

人工知能でもっと楽になるお店選び。AIが過去の食事履歴から適したお店をユーザーに提案する

最近、ますます優柔不断になってきた。 「○○(地名) ランチ」と検索すれば、ありとあらゆるサイトが表示される。求めている情報はこんなにも溢れているのに、行きたいお店一つすら決められない。 時間に余裕があるときは、じっくり…

“あるがまま”の三浦と私を見つける旅。京急電鉄×東京大学の地域イベント『三浦Cocoon』

「この世界には、どれくらいの人が生きているのだろう」。 深夜の満員電車に揺られ、久美子はそんなことを思った。湿った暑さのせいか、いつもよりも呼吸が苦しい。車窓から見える景色をぼーっと眺めながら、口から小さな溜め息が漏れた…