タグ: 書評

偏在する悪意への対抗として「文学」ができること–19世紀アメリカを舞台に黒人奴隷の逃亡を描く『地下鉄道』

そしてアメリカも。アメリカこそが、もっともおおきな幻想である。白人種の者たちは信じている--この土地を手に入れることが彼らの権利だと、心の底から信じているのだ。インディアンを殺すことが。戦争を起こすことが。その兄弟を奴隷…

自分の”困りごと”の解決が社会の役に立つ。市民が課題解決の担い手となる『シビックテックイノベーション』書評

「課題先進国・日本」。環境問題、経済の低迷、地方の衰退など、急激な人口減少をはじめとする問題が山積する日本の状況に対して、そう表現されるようになって十年近い年月が経った。 人口減少による財政難により「小さな政府」にならざ…